雪の日舎

季節のたべもの

「時短レシピに最適!豪雪地の知恵のたまもの」さといらずの打ち豆100g

販売価格 210円(税込)

数量

豪雪地ならではの知恵が詰まった「打ち豆」


「打ち豆」って聞いたことがありますか?

私自身は、津南町に来て初めて知りました。
「打ち豆」とは、新潟をはじめとする北陸の豪雪地帯で、昔から食べられていたものです。


蒸して、石臼でつぶし、乾燥させたもので、野菜の不足する豪雪地の保存食として、また栄養を手軽にとれる伝統食として、この地の人々には馴染みの深いものです。


実際に近所のお母さんたちのお茶飲みに混ぜてもらうと、この打ち豆が煮物や炒め物など、様々な料理に使われているのです。
 
 


 





時短レシピに使える!打ち豆の魅力



そもそも「打ち豆」ってどうやって使ったらいいんだろう?




近所のお母さんたちに聞いてみると、「なんにでも使ったらいいよ」と……

打ってあるので、普通の豆よりも煮えやすく、時短レシピにも使えるということらしいです。

打ち豆のポイントとしては……

・大豆を潰しているので、熱の通りがよい(基本的な煮込みは10分でOK)
・潰すことで、大豆から出汁が出やすくなり風味や香りがよくなる。また大豆の油が味噌汁やスープなどの味に深みを出してくれる


「大豆って栄養満点だけど、戻すのに時間がかかるし、ハードル高いんだよなぁ」

そう思っていたのですが、打ち豆なら長時間の下処理なしで使えて、とっても便利なんです!
 







スープやカレー、煮込み料理にも



そんな万能な打ち豆、スノデの食の専門家ますがたにおすすめレシピも聞いてみました!


ますがたが紹介してくれたのは、打ち豆入り豆乳スープ。

すでに豆乳スープではありますが、打ち豆をパパッと加えることで
豆の旨味と甘さ、そして食感がアクセントになり、さらにおいしくなります。


またカレーなどの煮込み料理にパパッと入れてもおいしいと教えてもらいました。


これならズボラなわたしにも挑戦できそうです。



またもう少し手間をかけられるときは、一度戻してからサラダに入れてもアクセントになっておいしいとのこと。
戻す手間はあるものの、普通の豆よりも短い時間で戻せるので、かなりの時短になりますよ。




なかなか馴染みのない「打ち豆」ですが、実はとっても万能!
忙しいママの味方です。


ぜひこの機会に打ち豆デビューをしてみませんか?



こんな甘い大豆、食べたことない



そんな打ち豆、「さといらず」という大豆を使っています。

「さといらず」は新潟や長野周辺で昔から作られてきた、在来種と言われています。



その名前の由来が「砂糖いらず」であるように、砂糖を使わなくても、甘くて旨味の強い大豆。
一度食べたら癖になるおいしさです!


こんなにおいしい大豆、もっといろんな人に知ってもらいたい!
味わってもらいたい!
そんな思いから、この打ち豆も皆さんにもお届けできることになりました。



雪国の農家泣かせの「さといらず」


さて、そんなにおいしくて、しかもこの地域の在来種というオリジナリティ……
みんなこぞって作っているのでは?という予想に反して、実は作っている農家さんが減っていて、とても希少なものだったのです。


この「さといらず」は晩生種で、収穫も他の豆類よりも遅いとのこと。
私たちの暮らす雪国では、収穫時期が遅いということは、雪が降ってくる時期に迫り


あわや収穫前に雪が降ってしまったり、乾燥が思うようにいかなかったりと、毎年ドキドキソワソワしながら収穫を迎えるのです。


味はとてもおいしいのですが、手間もかかるので、だんだんと栽培する農家さんも減ってきているのが現状です。



そんななかでも、今回販売する「さといらず」を作っているのは、津南町に新規就農で移住してきた宮崎さん夫婦。
「はらんなか」という地域の地名を屋号にして、無農薬でさといらずを作り続けています。






宮崎さんは、ご近所の先輩農家さんから種を分けてもらい、現在も「さといらず」を作り続けています。

この「さといらず」、似たようなものが周辺地域にもあったり…
おそらく、この豆を気に入った人が各地に蒔いて、親戚のようになっているのかもしれません。


「長年種採りして栽培しているので、よそのさといらずを見るとうちのとは顔が違う気がします。うちの子が一番かわいいと思っています(笑)
私たちがそうしてもらったように、絶やさずに次の世代に渡してやりたいと思っています」


そう語る宮崎さんのことばからは、自分たちの育てる豆も、自分の子どものように一つひとつの顔を見て、大事に向き合っているのだなぁと、あふれる愛を感じます。


なぜ、「はらんなか」さんなのか?



また、はらんなかさんが理念に掲げるのは、次のふたつ。


1 香りと味を大事にする

2 自分が食べたい野菜を作る

です。


からだ全体、五感で味わうこと

そして、誰かに届けるものであるからこそ、まずは自分自身が感じ味わったものを届けること


はらんなかさんの理念からは、そのような姿勢を受け取りました。


そしてそれは、
「子どもの感性を、里山のものではぐくみたい」というわたしたちのビジョンを形作るもの、そのものだなぁと思ったのです。


おいしさはもちろんのこと、農業や食に対する向き合いかたに共感するからこそ、私たちはこの「さといらず」をオススメしたいと思いました。








ご注文の前に、ご確認ください。

●お客さまのご都合によるご返品やご注文のキャンセルは、基本的に承りかねますこと、ご理解いただけますようお願い申し上げます。



インフォメーション
●内容量:100g
●生産地:新潟県津南町
●原材料:大豆(さといらず)
●賞味期限:袋表面に記載されています。通常、4ヶ月程度です。
●保存方法:直射日光を避け、常温で保存
●販売者・加工者:はらんなか 宮崎朗

季節のたべもの

「時短レシピに最適!豪雪地の知恵のたまもの」さといらずの打ち豆100g

販売価格 210円(税込)

数量

カテゴリ一覧へ戻る