雪の日舎

干し芋

【予約受付中】とろ蜜の丸干し芋300g「これが干し芋?!手間暇かけたプレミアム、市場にあまり出回らない限定品は、とろ〜り甘い干し芋」【2020年2月発送予定】

販売価格 1,600円(税込)

数量

定番の越冬おやつ、蜜ほしいもに、丸干しが出ました!

突然ですが、「丸干し」ってご存知ですか?


私自身、干し芋を生産するようになり干し芋について深く学ぶまでは知りませんでした。


一般的に「干し芋」として出回っているのは、芋を蒸かし、スライスされた干し芋。
それを、スライスせずまるごと干したのが、「丸干し」なのです!
 

今回、さつまいもを丸ごと干した「丸干し干し芋」が自信の一品として新登場!

秋に収穫したさつまいもを二ヶ月追熟させ、糖化した完熟芋を使用。
さらに、農薬を使わずに育てた、安心、安全、無添加の雪国干し芋です。






なんといっても、凝縮された甘さは丸干しならでは
キラキラ光る丸干しの干し芋
袋詰めをする私たちも、
「な、なんていう輝き・・・!!」
「これは、干し芋界のゴ○ィバにしてあげたい・・・!」
そんな感動の声がもれるほど。あまりの輝きに、急に撮影会が始まったこともありました。


この感動をどう表現したらよいだろうかと、メンバーでいろいろ話したところ

「チョコで言うところの生チョコみたいな」
 
「しかもゴ○ィバのようなプレミアム」


という表現が一番しっくりきました。
私たちの語彙力が追いついておらず恥ずかしい限りですが、とても美味しいのです。

見た目は小さいですが、羊羹のように重量があり食べ応えがしっかりです。


プレミアムであるもうひとつの理由。なんといっても非常に手間がかかるから、あまり市場に出回っていないのです


干し芋は、さつまいもを蒸して、あつあつのうちに皮をむきます。
蜜芋のべにはるかは、蒸した時点でとろとろ〜!
 
  
特に丸干しにするさつまいもは、通常干し芋として使われない、少し細めのものを使うため、蒸すととろ〜り崩れやすく、皮むきはとてもとても神経を使います。
 
 
1本1本丁寧にむいたあとは、天日干しと、機械干し、二回乾燥させます。
 


それにより、絶妙なやわらかさやねっとり感を出すことができるのです。

丸干し芋は、とても手間や時間がかかることから、数もたくさんできず
そのため、とってもとっても美味しいのですが、あまり市場には出回っていない干し芋です。
 

みなさんの中にも、干し芋と言ったらスライスされた干し芋のほうがイメージが強いのではないでしょうか?






3つのサイズをご用意しました。


そんなプレミアムな丸干し芋ですが、3つのサイズをご用意しました。

左から、300g、100g、そして輪切り100gです。

見た目以上にずっしりとした重量があるので、満足感は十分!
何日かかけて、じっくりがっつり食べたい方は300g。
いろいろアレンジして楽しみたい方は輪切り100gもおすすめです。







とっても万能。いろんなシーンで活躍できるすぐれものさん

私たちが、干し芋を愛する理由に、


いろんな世代のひとたちが、一緒にテーブルを囲むことができること

がひとつ挙げられます。
 

朝食に干し芋ヨーグルトは、本当に相性バッチリ!!!絶品です!


お弁当のおかずにも、


デザートにもなれる干し芋。
冷凍できるうえに、冷凍してもあまりねっとり感が失われないのがまた嬉しい。ストックしておいて、いつでも必要なときに使えます。冷凍しても、あまりカッチンコッチンに凍ってしまうこともあまりありません。
 

近所のおばあちゃんが来たときや、お客様がいらしたときは、和菓子感覚でお茶請けとして出せる干し芋。


アレンジを加えて、こどもたちは干し芋おやつに。
大人たちは、バターやクリームチーズとともに、おつまみ感覚で。


シーンにあわせて、いろんな使い方ができるのも、干し芋の優秀なところです!!



>>「とろ蜜芋のある1日」コラムはこちら→


山のうえ、豪雪地だからこその雑味のない本当の自然の濃厚な甘さ

新潟県十日町市池谷集落の芋畑で
使用しているのは、どのさつまいもより「はるか」に美味しいということで「べにはるか」と名付けられ、あの安穏芋より甘いと言われる蜜芋。

山のうえ、空にいちばん近い畑で、農薬を使わず栽培された特別なさつまいもです。

ですので、除草は手作業で行います。

池谷集落の農業用水、生活用水は、すべて山の湧き水です。

訪れるシェフの方々は、「雑味のない、素直で濃厚な甘さ」と評してくださいます。日本一の河川「信濃川」の上流域であること、また毎年多いときで4m近く積もる雪のおかげで、土壌が冬にリセットされるせいか、自然で濃厚な甘さを実現しているのです。





つなげたい、おもい。

池谷集落の曽根夫妻と雪の日舎の代表佐藤可奈子
むかしから池谷集落ではさつまいも栽培をしており、その美味しさは格別と言われておりました。

私の師匠の奥様、今は亡き曽根咲子さんが山から街へ下り、一生懸命売りあるき、池谷ブランドをつくってきてくださったおかげです。

丹精込められて作られた池谷集落産さつまいも
移住し就農した2011年2月から、ずっとそばで見守り、失敗を繰り返しながらも、いつもチャレンジを応援してくださった集落の先生のひとりです。

大学を卒業したばかりで、世間も農業も分からない私に、農業を通して、生き方を教えてくださいました。

さつまいも栽培の際に、きれいに管理されてきた畑を貸してくださったのも曽根さんでした。

毎日土に向かい、太陽をあびて耳の裏が真っ黒になり、そのそばで見ていた背中は、私の農業人生の原点でもあります。


雪の日は、干し芋もって、だれかのおうちへ

池谷集落を歩く雪の日舎の佐藤可奈子
そんな、半年は雪のなかの十日町。

この雪国のくらしのなかには、誰かのおうちに「お茶」しに行きあう文化があります。

私自身、移住して大雪と除雪の日々に追われ、鬱々していたときに
「お茶のんでかねーか」と声をかけてくださった地域のひとたちに大変救われました。
雪の上の足跡
「お土産」ということばが、「土から産まれる」と書くように、
土が産んだものが、ひとからひとへ渡り、雪の日に幸せを運びます。

小さな山の集落からお届けするこの干し芋が、「お茶のみ」の口実となり、そんなやさしい文化が続き、冬を越すひとたちの心をあたためますように。
雪の日舎の佐藤夫婦と愛娘あさちゃん
ご注文の前に、ご確認ください。

●お客さまのご都合によるご返品やご注文のキャンセルは、基本的に承りかねますこと、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

●まれに表面に点のようについているものは、製造過程で残っていますさつまいもの皮です。お召し上がりいただいても大丈夫です。
皮がついている干し芋
●干し芋は自然食品のため、個体差があり、柔らかさや色味、甘さなどばらつきがある場合がございます。ご了承くださいませ。
●お召し上がりの前にあたためたり焼いたりしますと、より柔らかく甘くお召し上がりいただけます。
●保存は冷蔵庫で、長期保存は冷凍庫でお願いいたします。冷凍した場合は、常温で約2時間、冷蔵庫で約5時間ほどで解凍されます。


インフォメーション
●内容量:300g
●生産地:新潟県十日町市飛渡(とびたり)地区産
●原材料:さつまいも(べにはるか)
●賞味期限:袋裏面に記載されています。通常製造日より2ヶ月です。

干し芋

【予約受付中】とろ蜜の丸干し芋300g「これが干し芋?!手間暇かけたプレミアム、市場にあまり出回らない限定品は、とろ〜り甘い干し芋」【2020年2月発送予定】

販売価格 1,600円(税込)

数量

カテゴリ一覧へ戻る