雪の日舎

雪の日舎のリトルプレス「ゆきのひノート vol.2」/雪国からの春

販売価格 150円(内税)

数量

「ゆきのひノート vol.2」ができました
ゆきのひノート

雪の日舎発行の商品とともにお届けするリトルプレス「ゆきのひノート」のvol.2ができました。

雪の日舎、という社名のとおり、雪の日が与えてくれる目に見えない価値を、山からふくこの風をお客様に届けたいという思いで、発行しております。

しんしんと雪降る日に、あたたかい気持ちでノートのように作成しています。

今号は、「雪国からの春」をテーマにお届けいたします。

長く厳しい冬は終わり、新潟県十日町市にも春がやってきました。
優しい緑に包まれた山に囲まれて、心も踊る日々をお伝えします。

今号の目玉は水沼&佐藤の一押しの山菜「山うど」のレシピ集

山うど

雪国の春の食卓には、たくさんの山菜が並びます。
その中でも一押しな山菜が「山ウド」。

ミネラルたっぷりの雪解け水を吸った山ウドはみずみずしく、香りがとても豊かです。

うどは、捨てるところなく部位によって様々な調理方法を楽しむことができる、山菜一のすぐれもの!
きんぴら、天ぷら、お味噌汁、酢のものなど1本で何通りも楽しめます。

今号では私、水沼が「コレ!」と思う4つの山ウドレシピを紹介しています。
実際に自宅で調理をしながら、山ウドレシピを作りました!

その中でも、生のうどとたらこを和えるだけの簡単な「ウドのたらこ和え」は、お酒のおつまみにぴったりな一品です。
今夜の晩酌にぜひ試していただきたい一品です。

春の恵み「山ウド」をたくさんいただいて、きたる農繁期に向けて励んでいきたいと思います!

山菜を楽しめる保存版

池谷の山菜を調理するさきこさん

また、地元の方に教えてもらった、基本的な山菜の扱い方法や、調理のコツなども掲載しております。
山菜を美味しく楽しめる保存版の一冊です!

この一冊とともに、山菜を楽しんでもらえたら嬉しいです。

一緒に分かち合いたい、雪国の春

お届けレター

今回、新入社員の水沼が編集を担当させてもらいました。

厳しい冬を越えて迎える雪国の春。

優しい緑に包まれる山。鳥の鳴く声。
頬に触れるかぜも柔らかく、その全てに心が踊ります。

そんな大好きな雪国の春を分かち合えたらと思い、
「ゆきのひノート」でかたちにさせていただきました。

皆様と一緒に春の喜びを分かち合えたら嬉しいです。


「ゆきのひノート vol.2」もくじ

ゆきのひノート表紙

P02-07:春のおすそ分け「山うど採れました!」
P08-09:NEWS「かなやんファームから、雪の日舎へ農園を新調しました」
P10:今月のコレ!「山菜を美味しくたのしむ、3つの押さえどころ」
P11:INFORMATION「農村を未来につなぐ、新しい仲間が増えました」
P12:これからのラインナップ

そっとかばんにしのばせて、ちょっとしたお時間に楽しんでもらえると嬉しいです。


ご注文の前に、ご確認ください。

●お客さまのご都合によるご返品やご注文のキャンセルは、基本的に承りかねますこと、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

●破れや破損、落丁など、冊子に何らかの不備がありました場合は、お知らせください。

雪の日舎のリトルプレス「ゆきのひノート vol.2」/雪国からの春

販売価格 150円(内税)

数量

カテゴリ一覧へ戻る